相続や節税対策に不動産投資を考えている方へ

北辰不動産株式会社が運営するプレミアム会員様専用の不動産投資情報サイト

特別なお客様へ特別なサービスを クラブシープラス

独自視点で選んだ不動産投資物件をピックアップ

  • 03-3470-1935
  • 10:00~17:30/定休日:土曜・日曜・祝日

旧耐震ビルの建替コンサルティング~既存テナント移転先探し等のサービスをご提供

建替えを実際に経験して苦労を知っている私たちにご相談下さい!

2014年12月1日着工

2015年  8月28日竣工

 

企画開発・事業主:北辰不動産株式会社

設計施工:清水建設株式会社

 

マスターリース:三井不動産株式会社

 

【店舗入居テナント】

 ・「ヴェルサーチ(VERSACE)」

1~3階(西側)

1978年創業以来、常にファッションの最先端をリードするイタリアのグローバルファッションブランドです。グラマーさとスタイリングが美しく調和し、かつ革新的で綿密に計算されたデザインが特徴です。 

 

・「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」

1~3階(東側)

1978年にイタリア人デザイナーのブルネロ・クチネリ(Brunello Cucinelli)が立ち上げたブランドです。イタリアを代表するラグジュアリーブランドで、ニットを始め、スポーツシック ラグジュアリーのテイストは、男女を問わず絶大な支持を誇ります。

【銀座6丁目 第22ポールスタービル 建替プロジェクト(2015.8.28竣工)】

既存のご所有のビルが旧耐震で老朽化が激しく、建て替えを検討されたい、といった場合に、建築ボリュームプラン、テナント明け渡し交渉の計画策定等、をある程度、シュミレーションする必要があります。いきなりテナントとの交渉を代理人として弁護士へ委任される前に、検討すべき事項がたくさんありますので、まずはご相談下さい。

 

ビルの建て替えには、テナントの立ち退き交渉等の弁護士だけができる法律行為以外にも、多くの事前検討や、テナントの移転先の情報提供等、弁護士では対応が難しい事項も対応していく必要があります。

 

 

立ち退き料

予想

ファイナンス

戦略

建替プラン

検討

建替プランサポートいたします

まずはご相談ください

こうした建て替えのプラン検討には不動産の専門家でなければわからないことが多々ありますので、相談料が安くはない弁護士さんにスムーズに法律行為の委任をお願いするためにも、その前に建て替え計画を不動産の専門家の視点から策定されることをお薦め致します。

 

弊社自身が長年取り組んできた建て替えノウハウに加えて、スーパーゼネコンで経験豊富なOBや、大手金融機関で審査経験のあるOBなど、少人数ながら多彩な人材も揃っており、立ち退き料予想、ファイナンス戦略、建て替えプラン検討といった多岐にわたるノウハウでサポートさせて頂きます。

テナントの立ち退き等に関連する交渉、法律行為はご本人以外は弁護士だけが行うことができる業務です。

  

しかしながら、実際にはテナントの移転先探し等、弁護士では対応が難しい不動産関係の業務が同時に発生するため、予めビルの建て替え計画の段階から代理人弁護士の方とタイアップして、弊社でも対応できる業務を役割分して代理人弁護士様をサポートさせて頂きます。

  

(本サービスはあくまでも弁護士様のサポートを通じてのサービスであり、弁護士法に違反する業務や法律相談は弊社が直接受託することはできませんので、予めご了承下さい)

弊社も旧耐震の築古物件を所有しています。

その中でも、今の法律では、繁華街の中心にある店舗ビルの建て替えはなかなか難しい事業になります。

そうした中で、銀座6丁目の第22ポールスタービルの跡地の建て替え事業として2014年12月に着工し、2015年8月に竣工致しました。

本ビルの建て替えでは、テナントを着工前に予め誘致して決定し、そのテナントの出店ニーズに合わせて建物仕様等を決定して開発する手法を採用しました。

 

ビルの建て替えでは、旧テナントとの立ち退き交渉や、建て替え後のテナント誘致など、各段階で、自らが建て替えを実際に行ってみないとわからない、具体的で実践的な詳細ノウハウや苦労がたくさんあります。

弊社自身もまだこれから取り組んでいくべき課題のひとつだからこそ、建て替えをお考えのお客様の立場に立った親身なサポートができるものと思います。

 

 

サポートをご希望されるCLUB Cplus会員の方はご指定の連絡方法にて担当のスタッフへご相談ください。

(業務内容によっては一部、有料となります。)

世界的な高級ファッションブランドが入居するビルに建替えました。

単独でテナント誘致することが殆どですが、必要に応じて柔軟に同業大手とも組んでプロジェクトを進めます。自らの長年のノウハウと、この柔軟さで、多用なビル開発を進めています。